読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめサイトの使い方から自由意志を考える。

 最近ふとおもったことがある。例えば、私たちは大阪駅周辺の飲み屋を探す場合、「食べログ」や「ホットペッパー」を利用する。縦にずらずらと並べられる数々の飲み屋。駅周辺の飲み屋がことごとく網羅されている。

 人気順(高評価順)に並べ替えれば、人気店は一目瞭然だ。店選びに失敗することはほぼないだろう。口コミ欄を見れば、他の人のレビューを目にすることができる。初見のお店に飛び込むには勇気がいるが、入店前の数分でその店の情報をチェックすることができる。

リスク回避は自ずからその根拠を失う

 ざっとこんなふうに、いとも簡単にリスク回避ができる。リスク回避のインセンティブを一言でいうなら「失敗したくない」だ。ただし、このリスク回避が行き過ぎると、リスク回避という概念そのものが不要になってしまう。

 これはどういうことか。リスク回避=「失敗可能性」の最小化、とここでは定義しておこう。とすれば、リスク回避が過度に追求されると、「失敗可能性」は近似値=0に近づいていく。つまり、リスク回避の根拠であった「失敗可能性」の最小化が根拠たり得なくなってしまうのだ。これでは何のためにリスク回避をしたのかわからない。

「成功」と「失敗」をどう捉えるか

 では、以上の結論が前提としているものは何か。それは「成功」と「失敗」とを包括的に捉える一元論である。要するに、「成功」の概念が失われた途端に「失敗」の概念もまた失われるということである。これは日本人のものの考え方に合致しやすい。

 一方、ヨーロッパの人々は「成功」と「失敗」を二元論として捉える。したがって、「失敗可能性」を極限まで最小化しさえすればそれでよい。「失敗可能性」が0になれば「成功」は揺るぎないものになる、と考える。

リスクを引き受けること

 「成功」と「失敗」についての二元論的解釈はどういう問題を孕んでいるのだろうか。先述したように、「リスク回避」はその追求の過程で自身の根拠を失っていくということが一つある。

 もう一つ言えるのは、膨大な情報量のなかにどっぷりと浸かっている状況下で、自由意志による選択がいかにして可能となるかという問題。要するに、「失敗可能性」を極限まで最小化することと自由意志による選択は両立しない。また、「失敗したくない」とリスク回避をすればするほど、ニヒリズム的な結末に至ることも先述のとおりだ。

 ではどうすればよいのか。「成功か失敗か」という二元論を放棄し、リスクを堂々と引き受けるしかないのではないか。むしろリスクを負う行為を楽しむしかないのではないか。こういう表現をすると一種の開き直りや逆説のようにも見える。矛盾していると言われてもおかしくない。

 しかし、初見の店にふらっと足を踏み入れたり、CDをジャケ買いする行為にこそ人間の自由意志が発現している、と考えるのははたして間違いだろうか。リスクを引き受ける行為とはつまり「人気なものに人が自然と集まるシステム」からの逸脱なのかもしれない。

【読書感想】日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか

日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか (講談社現代新書)

日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか (講談社現代新書)

 

 最近読んだ本のなかで一番おもしろかった。2017年のベスト5に入りそうな予感がする。

 そこで、読んでいて個人的におもしろかった部分をピックアップし、それぞれについて雑感を付記しようとおもう。

敗戦を契機に誕生した戦後日本の精神風土

 日本人がキツネにだまされなくなった理由が本書のなかでいくつか列挙されているが、そのなかでも以下の説が特に興味深かった。

 人間がキツネにだまされなくなった理由として、「科学の時代」における人間の変化をあげる人々もいる。敗戦のときに日本の人々がいだいた気持のひとつは、アメリカの生産力、科学、技術の力の前に、「日本的精神」とか「大和魂」とかいうものが太刀打ちできなかったという思いだった。
 経済成長や科学、技術の振興に対する戦後の人々の強い希求は、この教訓の上に成立したといってもよい。そしてそのことが、科学的に説明のつかないことを「迷信」「まやかし」として否定する戦後の精神風土をつくりだした。(引用:『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』p.41~p.42)

 しかし、アメリカに対する敗北は数ある要因のうちのひとつであって、それが根本的要因かというとそうではないかもしれない。なぜなら『日本教社会学』を参照すれば、「敗戦を教訓とした」というには語弊があるとわかるからだ。*1

 つまり敗戦を契機として、空体語を「大和魂」から「(科学や技術振興をも含めた)西欧的価値観」に臆面もなく置き換えた、と述べるのがより正確なのではないかということである。けっして「敗戦を教訓とした」と言えるほど合理的なプロセスを経ていない。

(次回につづく)

 
 

「潔い」という言葉の使われ方に違和感がある。

「潔い」という言葉を耳にすると、日本人だからか武士道精神を連想してしまう。<義を貫いているそのさま(状態)>というようなニュアンスで「潔い」を捉えていた。

ちなみに「潔い」という言葉をGoogleで調べてみると、「澄み切ったかんじで清々しい」とか「態度に未練がない」という意味が出てきた。

また、語源についても調べてみた。

潔い(いさぎよい) - 語源由来辞典

「いさ」は「甚」や「勇」を、「ぎよい」は言うまでもなく「清い」を表している(「いさ=勇」から武士道精神を連想するのは容易だ)。そこから「責任転嫁しない」「卑怯なところがなく立派」という意味に派生したそうだ。

派生しても意味は基本的に変わっていないように思う。では実際に「潔い」という言葉はどういった意味で用いられているのだろう。自分の経験上、「潔い」という言葉は「開き直り」と同じような意味で使われているように思う。独りよがりな思い込みかもしれないけれども・・・

「武士 潔い」でGoogle検索してみたところ、こんな記事が引っかかった。

全文表示 | 甘利氏に「全く潔い」「現代の『武士』だな」 突然の辞任にネット上では賞賛の声も : J-CASTニュース

秘書が金銭を私的流用しているのだから清廉潔白とはいえないだろう。もはや潔さは微塵もない、ただの「開き直り」である。

 

倒錯した科学と非人間的な経済学。

 

 ここ数年テレビをまったく観ていないからよくわからないのだけれど、オカルトを扱った番組はそれなりの人気を博していたような気がする。そういった番組のなかでも『ビートたけしの超常現象』は特に印象に残っている。大槻教授とオカルト研究家(もう名前は忘れてしまった)が繰り広げる罵り合いに近い議論が番組のメインで、心霊写真やUMAなどは脇役のようだった。

続きを読む

政治に対する無関心の原因が少しわかった。

www.videonews.com

いわゆる「森友国会」の裏で制定されようとしているのは次の7つ。

*1:ジャーナリストの神保さんは3/31のマル激(5金)で「悪法だと決めつけるのは早計だった」と訂正しています。※4/2追記

続きを読む