【読書感想】ドリアン・グレイの肖像(The Picture of Dorian Gray)

 書店でのバイトを始めてから二ヶ月が経った。勤務先まで電車で片道1時間弱かかるので、それを読書の時間に充てている。これまでは教養系の本を読むことが多く、文学作品に触れる機会が滅多になかった。古典的名著と呼ばれるものも少しは読んでおかないといけないとは思いながらも、なかなか手が出なかった。

ドリアン・グレイの肖像(The Picture of Dorian Gray)

 オスカー・ワイルドによる作品。有名な作品は他に『サロメ』などがある。ちょうど一年前に石川県立美術館で開催された「ビアズリーと日本展」でサロメの絵を見て以来、ワイルドに少し興味があった。いつだったかの古本市で『サロメ』を見つけて買ったのはいいもののまだ読んでいない。

 ホールウォードという画家に描いてもらった肖像画に、自身の積み重ねてきた罪悪が反映されるようになる。肖像画のドリアンは醜くなっていく一方で、現実のドリアンはまったく老けるようすもなく、若い頃の美貌はそのままに年だけを重ねていく。最終的に、ドリアンは変わり果てた自身の肖像画を見るに耐えかね、ナイフで突き刺して…。

 ここにおおまかなあらすじを示してみたが、実際に本書を読んでから再びあらすじに目を通してもらうとわかるとおり、それ以上でもそれ以下でもない。とてもシンプルな物語になっている。だから、読後の率直な感想としては、話の筋に直接関係のない事柄で頁の約半分が埋められているな、というのが第一印象だ。

 しかし、それは決して悪い意味で言っているのではない。その話の筋に直接関係しない事柄というのがとても抽象的で、逆説に富んでいてなかなかおもしろい。それらの大半は、ドリアン・グレイに多大な思想的影響を与えたヘンリー卿の口から発せられるのだが、納得できる点も非常に多い。彼はある昼食の席で、自身の思想の核心に迫る発言をしている。

「ともかく、逆説の道こそ真理の道であり、事物の本体を見極めようとするならば、それに綱渡りを演じさせねばならない。真理が軽業師になったときはじめて、われわれはそれに判定を与えることができる、というわけだ。」(p.84 訳:福田恆存

 「綱渡りを演じさせる」とはどういうことか。一言で表すなら<言葉のバランス感覚>を重視する、といったところだろう。

 言葉は、それが発せられると同時に、それ自身の持つ意味とは反対の概念が想起されることがある。例えばSNS上で「男尊女卑」社会を糾弾する人々は、フェミニストの烙印を押され、「男尊女卑」というワードに過剰反応した人々によって袋叩きにされる。ここでは、「男尊女卑を逆手にとって弱者ぶることで、男性に対して優位に立とうとしている!」という一部の男性の恐怖心(=対立概念)が煽られている。ちなみに、対立概念が強烈に想起されることで、全ての立場が相対化されてしまうという事態も引き起こされている。

 これは<言葉のバランス感覚>が欠落しているがゆえに起こる現象であるといえるだろう。言葉に絶対的な意味(普遍的な意味)を持たせようとすればするほど、逆の概念が想起され相対化されてしまうという、まさに逆説的なことが起こるのだ。

 ヘンリー卿の言葉はとても魅力的である。それを楽しむのがこの作品の醍醐味なのかもしれないが、ドリアン・グレイのように綱渡りに失敗してしまうことは避けなければならない。

 

箇条書きの可能性を知った。

バレットジャーナル

 つい先日、バレットジャーナルというものを知った。

ToDoリスト+スケジュール帳+日記帳=バレットジャーナル【初心者向け作り方解説】 - 僭越ながら【1テーマの本を30冊読んで勉強するブログ】

すべて文章ではなくリスト形式。試しにやってみよう。

2017/06/10 10:27

 

 それが具体的にどういうものなのか知りたければ、ぜひリンクを踏んでほしい。

 ここで改めて説明することはないのだが、個人的におもしろいと思ったのはすべて箇条書きというところ。例えば日記の場合、「(ある程度)前後の文脈を意識しないといけない」という先入観がはたらくから、とっかかりにくいことが多い。その一方、箇条書きで書く場合は前後の文脈を意識する必要がなくなる。

 そういう点では情報カードと似ているところはあるのかもしれない。ただし情報カードの場合、ささいなことまで書き付けていると膨大な量になりかねない。

 情報カードとバレットジャーナルにはそれぞれメリットがある。情報カードのメリットは①日記を書かない日があっても空白が生まれない。②(①の理由から)気楽に続けられる。

 バレットジャーナルのメリットは①何か行動する都度に記録していくので、普段の行動に意識的になる。②情報カードよりもたくさん書ける。③箇条書きだから気楽に続けられる。

 メリットの多さではバレットジャーナルに軍配があがるが、情報カードの一つ目のメリットが持つ意味は大きい。これはバレットジャーナルには真似できないポイントだ。

 「できるだけ細かく日々の生活を記録したい」という人は迷わずバレットジャーナルを選んだ方がいい。情報カードの場合、記録することが多いと複数枚にわたることもあり非常に面倒である。

アウトライナー【WorkFlowy】

 バレットジャーナルの存在を知った翌日、アウトライナーの存在を知った。しかも驚いたことに、このアウトライナーというのもすべて箇条書きなのである。こんな偶然はそうそうないぞ」と少し感動しつつ、WorkFlowyに登録した。

workflowy.com

 WorkFlowyの特色はなんといってもトピックしか存在しないこと。例えば、Evernoteは「ノートブック→ノート」という形で整理している。しかし、WorkFlowyは「トピック→トピック→トピック・・・」という階層構造をとる。そう聞いただけでは「なんかごちゃごちゃしてそうだな」という印象を受けるかもしれないが、いざ使ってみるとそのイメージは払拭される。

f:id:himoderation:20170613132804p:plain

 (上の画像は本の要点をアウトライナーでまとめたもの。)

 

 アウトライナーのメリットをあげるなら次のようになる。①トピックは展開したり折りたたんだりすることができるため、ずらずらと並べられた情報を全体的に眺めることができる。②概念同士の上下関係が一目瞭然になる。③(①と②の理由から)頭の中を整理しやすい。

 前にも述べたとおり、アウトライナーの一番すごいところはそのシンプルさだ。目新しい要素はないにもかかわらず、ものすごい効果を発揮する。

まとめ

 今まではすべて情報カードで管理していたが、これからはバレットジャーナルとアウトライナーも利用していきたいと思う。スケジュール管理と日記はバレットジャーナルに移行して、情報整理やブログの下書きにはアウトライナーを使う。

 情報カードの役割はほぼ「アイデアを発酵させること*1」「カクテルを作ること*2」の二点に絞られてきたといえる。

*1:外山滋比古『思考の整理学』を参照。

*2:(同)→脚注1

まとめサイトの使い方から自由意志を考える。

 最近ふとおもったことがある。例えば、私たちは大阪駅周辺の飲み屋を探す場合、「食べログ」や「ホットペッパー」を利用する。縦にずらずらと並べられる数々の飲み屋。駅周辺の飲み屋がことごとく網羅されている。

 人気順(高評価順)に並べ替えれば、人気店は一目瞭然だ。店選びに失敗することはほぼないだろう。口コミ欄を見れば、他の人のレビューを目にすることができる。初見のお店に飛び込むには勇気がいるが、入店前の数分でその店の情報をチェックすることができる。

リスク回避は自ずからその根拠を失う

 ざっとこんなふうに、いとも簡単にリスク回避ができる。リスク回避のインセンティブを一言でいうなら「失敗したくない」だ。ただし、このリスク回避が行き過ぎると、リスク回避という概念そのものが不要になってしまう。

 これはどういうことか。リスク回避=「失敗可能性」の最小化、とここでは定義しておこう。とすれば、リスク回避が過度に追求されると、「失敗可能性」は近似値=0に近づいていく。つまり、リスク回避の根拠であった「失敗可能性」の最小化が根拠たり得なくなってしまうのだ。これでは何のためにリスク回避をしたのかわからない。

「成功」と「失敗」をどう捉えるか

 では、以上の結論が前提としているものは何か。それは「成功」と「失敗」とを包括的に捉える一元論である。要するに、「成功」の概念が失われた途端に「失敗」の概念もまた失われるということである。これは日本人のものの考え方に合致しやすい。

 一方、ヨーロッパの人々は「成功」と「失敗」を二元論として捉える。したがって、「失敗可能性」を極限まで最小化しさえすればそれでよい。「失敗可能性」が0になれば「成功」は揺るぎないものになる、と考える。

リスクを引き受けること

 「成功」と「失敗」についての二元論的解釈はどういう問題を孕んでいるのだろうか。先述したように、「リスク回避」はその追求の過程で自身の根拠を失っていくということが一つある。

 もう一つ言えるのは、膨大な情報量のなかにどっぷりと浸かっている状況下で、自由意志による選択がいかにして可能となるかという問題。要するに、「失敗可能性」を極限まで最小化することと自由意志による選択は両立しない。また、「失敗したくない」とリスク回避をすればするほど、ニヒリズム的な結末に至ることも先述のとおりだ。

 ではどうすればよいのか。「成功か失敗か」という二元論を放棄し、リスクを堂々と引き受けるしかないのではないか。むしろリスクを負う行為を楽しむしかないのではないか。こういう表現をすると一種の開き直りや逆説のようにも見える。矛盾していると言われてもおかしくない。

 しかし、初見の店にふらっと足を踏み入れたり、CDをジャケ買いする行為にこそ人間の自由意志が発現している、と考えるのははたして間違いだろうか。リスクを引き受ける行為とはつまり「人気なものに人が自然と集まるシステム」からの逸脱なのかもしれない。

【読書感想】日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか

日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか (講談社現代新書)

日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか (講談社現代新書)

 

 最近読んだ本のなかで一番おもしろかった。2017年のベスト5に入りそうな予感がする。

 そこで、読んでいて個人的におもしろかった部分をピックアップし、それぞれについて雑感を付記しようとおもう。

敗戦を契機に誕生した戦後日本の精神風土

 日本人がキツネにだまされなくなった理由が本書のなかでいくつか列挙されているが、そのなかでも以下の説が特に興味深かった。

 人間がキツネにだまされなくなった理由として、「科学の時代」における人間の変化をあげる人々もいる。敗戦のときに日本の人々がいだいた気持のひとつは、アメリカの生産力、科学、技術の力の前に、「日本的精神」とか「大和魂」とかいうものが太刀打ちできなかったという思いだった。
 経済成長や科学、技術の振興に対する戦後の人々の強い希求は、この教訓の上に成立したといってもよい。そしてそのことが、科学的に説明のつかないことを「迷信」「まやかし」として否定する戦後の精神風土をつくりだした。(引用:『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』p.41~p.42)

 しかし、アメリカに対する敗北は数ある要因のうちのひとつであって、それが根本的要因かというとそうではないかもしれない。なぜなら『日本教社会学』を参照すれば、「敗戦を教訓とした」というには語弊があるとわかるからだ。*1

 つまり敗戦を契機として、空体語を「大和魂」から「(科学や技術振興をも含めた)西欧的価値観」に臆面もなく置き換えた、と述べるのがより正確なのではないかということである。けっして「敗戦を教訓とした」と言えるほど合理的なプロセスを経ていない。

(次回につづく)

 
 

「潔い」という言葉の使われ方に違和感がある。

「潔い」という言葉を耳にすると、日本人だからか武士道精神を連想してしまう。<義を貫いているそのさま(状態)>というようなニュアンスで「潔い」を捉えていた。

ちなみに「潔い」という言葉をGoogleで調べてみると、「澄み切ったかんじで清々しい」とか「態度に未練がない」という意味が出てきた。

また、語源についても調べてみた。

潔い(いさぎよい) - 語源由来辞典

「いさ」は「甚」や「勇」を、「ぎよい」は言うまでもなく「清い」を表している(「いさ=勇」から武士道精神を連想するのは容易だ)。そこから「責任転嫁しない」「卑怯なところがなく立派」という意味に派生したそうだ。

派生しても意味は基本的に変わっていないように思う。では実際に「潔い」という言葉はどういった意味で用いられているのだろう。自分の経験上、「潔い」という言葉は「開き直り」と同じような意味で使われているように思う。独りよがりな思い込みかもしれないけれども・・・

「武士 潔い」でGoogle検索してみたところ、こんな記事が引っかかった。

全文表示 | 甘利氏に「全く潔い」「現代の『武士』だな」 突然の辞任にネット上では賞賛の声も : J-CASTニュース

秘書が金銭を私的流用しているのだから清廉潔白とはいえないだろう。もはや潔さは微塵もない、ただの「開き直り」である。